オフィス移転の際にやるべきこと

オフィス移転に際しては、いろいろとやるべきことがあります。
まず、「取引先への連絡」。

手紙などで、オフィス移転について伝えます。
また、ブログやサイトを運営している場合は、読者にもオフィス移転について知らせる必要があります。
次は、各種の保険の登録住所を変更します。

保険会社をファイリングしておき、証券番号や被保険者もリストアップしておきます。
電話やメールで変更を依頼すると必要書類が送られてくるので、必要事項を記入して返送しましょう。



次は、インターネットの解約手続きです。

これは、コールセンターに連絡すると非常に専門的な説明をされるので、詳しい人が行ったほうがよいでしょう。


次は、会社名義で賃借している住宅の手続き。
マンション名や部屋番号などをリストアップしておいて、代理店に連絡します。

流れとしては、保険と同様です。次は、OA機器のリース契約などの手続きです。
それぞれの会社に、電話で連絡をとります。

次は、銀行の登録住所変更。
移転後の登記簿謄本と印鑑と通帳を持って、銀行の窓口で行います。



郵便物の転送届も必要ですが、これはネット上から行えるので、20分ほどで済みます。


消耗品の購入先の住所変更も、ネット上からできます。


取引先の数にもよりますが、所要時間は1時間くらいです。


最後は、会社名義の携帯電話の手続きです。

申し込んだ時の書類か、いちばん新しい請求書を用意して、電話で行います。ネットからでもできますが、暗証番号が必要です。

教えてgooの検索がとっても楽になりました。